手塚英孝賞
手塚英孝(てづか・ひでたか)
                        (1906〜1981)

 山口県光市生まれ。1931年4月、「ナップ」に短編「虱」を発表。侵略戦争と絶対主義的天皇制支配のもとで、小林多喜二らとともにたたかう。宮本百合子没後、「多喜二・百合子研究会」を組織。生涯にわたる多喜二研究は、『小林多喜二全集』の完成と、評伝『小林多喜二』に結実された。日本民主主義文学同盟常任幹事、『民主文学』編集長を務める。『落葉をまく庭』で第5回多喜二・百合子賞受賞。
 民主主義文学会は、プロレタリア文学の時代からの作家であり、小林多喜二・宮本百合子の研究家であった手塚英孝氏の業績を顕彰し、新しい評論の書き手の育成をめざして、2000年に「手塚英孝賞」を設けました。
 2年ごとにその間に発表された小林多喜二・宮本百合子を中心とするプロレタリア文学、戦後の民主主義文学についての文芸評論を対象に選考し、主として新人の優れた評論に授賞します。
 『民主文学』、民主主義文学会支部誌、その他の文学雑誌および単行本として発表されたものを対象とし、公募は行っていません。


 受賞作品 ■ 
第1回(2000年)
 『一九二八年三月十五日』から
           『地区の人々』へ

                               乙部宗徳

第2回(2002年)
 ナターリヤ・バランスカヤ
   『ありふれた一週間』をめぐって

                               伊藤知代
                  (須沢 知花)

第3回(2004年)
      ・・・選考の結果、該当作はありませんでした

第4回(2006年)
  埋もれてきた群像
   ―高知プロレタリア文学運動史―

                    猪野 睦   

第5回(2008年)       詳細
  若い世代のための
           宮本百合子入門

                  北村隆志

第6回(2010年)       詳細

  小林多喜二と宮本百合子

                三浦光則

第7回(2012年)       詳細

  谷中村鉱毒事件の波紋―伊藤野枝『転機』

                久野通広

第8回(2014年)
    ・・・選考の結果、該当作はありませんでした。
 
 第9回(2016年)       詳細

  野田の文学・野田争議 ―プロレタリア文学の諸作ほか―

             須賀田省一